Premiere Pro

【最高峰の動画編集ソフト】Premiere Pro(プレミアプロ)でできることまとめ!

【こんな人におすすめ!】Premiere Pro(プレミアプロ)でできることをまとめてみた

2019年1月から動画編集環境を作るべく50万円のパソコンを購入しました。

そして動画編集ソフトのメインを、『Final Cut Pro X』から

Adobe「Premiere Pro(プレミアプロ)」

に切り替えました。

まだ不慣れなことはたくさんですが、「Premiere Pro(プレミアプロ)」で少しずつできることが増えてきましたので、

  • どんなことができるのか?
  • またできないことはあるのか?

いろいろと調べてみました。

またどんな人に「Premiere Pro(プレミアプロ)」がおすすめかを紹介していきます。

【Adobe】「Premiere Pro(プレミアプロ)」とは??

映画・CMプロの現場で活躍する動画編集ソフト

【こんな人におすすめ!】Premiere Pro(プレミアプロ)でできることをまとめてみた
提供 Adobe
サービス名 Premiere Pro:プレミアプロ
価格① 単品:2,480円~
価格② 全Adobe製品:5,680円~
特徴 映画やTV、CMなど世界中のクリエイターが最も愛用する動画編集ソフト

「Premiere Pro(プレミアプロ)」は動画編集ソフトになります。

一般に手に入る動画編集ソフトの中では、最高峰と言われており、関連するAdobe製品との組み合わせでできないことはほぼないと言われております。

「Premiere Pro」でできること

「プレミアプロ」でできること
  • エフェクト
  • トランジョン:動画間の切り替え
  • カラーグレーディング:色補正
  • テロップの作成
  • VR動画の編集
  • YouTube用への書き出し
  • DVDへの書き出し

「Premiere Pro(プレミアプロ)」は動画編集ソフトであるため、撮影した動画を組み合わせてひとつの映像作品を作ることができます。

動画のクオリティを高めるために必要な動画間のつなぎ(トランジョン)や映像の雰囲気を映画調にするカラーグレーディングなど編集機能も安価な動画編集ソフトとは一線を画すほど細かい設定で調整をすることができます。

「Premiere Pro」でできないこと

「プレミアプロ」でできないこと
  • アニメーション作成
  • 動画の加工

「Premiere Pro(プレミアプロ)」は動画編集ソフトであるため、

  • 動画をつなぎ合わせること
  • つなぎのトランジョンを入れること
  • 動画の速度を調整すること
  • 文字のテロップを入れること
  • カラーグレーディングをすること

などの組み合わせにより、ひとつの動画作品に仕上げることができます。

しかし、アニメーションの作成やグラフィックの作成はできません。

つまり動画加工ソフトではないのです。

アニメーションなどを作成したい場合は、同じAdobe製品の『After Effects:エフェクト』と連携することになります。

一番の特徴は「After Effects」との連携

【こんな人におすすめ!】Premiere Pro(プレミアプロ)でできることをまとめてみた
提供 Adobe
サービス名 After Effects:アフターエフェクツ
価格① 単品:2,480円~
価格② 全Adobe製品:5,680円~
特徴 映画やTV、web用のビジュアルエフェクト・モーショングラフィックスをアニメーターやデザイナーはAfter Effectsを使って制作してます

『After Effects』は高度なアニメーション作成やモーショングラフィックス、ビジュアルエフェクトなどを作成することができます。

「Premiere Pro(プレミアプロ)」の連携は抜群で、「After Effects」で加工した動画を「Premiere Pro」に読み込むことでより質の高い映像作品を作ることができます。

「Premiere Pro」はどんな人におすすめ?

  • 本気で動画編集を仕事にしたい人
  • 動画編集環境にお金をかけられる人(パソコン含む)
  • 「After Effects」でアニメーションなども作りたい人

本気で動画編集を仕事にしたい人

まずは動画編集や撮影なども含めて本気で仕事にしたい人におすすめできます。

先にも書きましたが、「After Effects」などとの連携でその他動画編集ソフトでできないことができるようになります。

ただし、Adobe製品は月額でそれなりのお金がかかる上、編集操作を覚える作業も少し大変です。

動画編集環境にお金をかけられる人(パソコン含む)

Adobe製品は、年額で約5万円ほどの費用がかかります。

学生プランなどにできれば、かなり安く済みます。

パソコンも予算をかけていいスペックを選ぶべし

【こんな人におすすめ!】Premiere Pro(プレミアプロ)でできることをまとめてみた
製品名 DAIV-DGZ530U2-M2SH5 [ Windows 10 ]
価格 433,188円
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i9-9900K
メモリ 64GB PC4-21300
作業用ディスク1 1TB NVMe対応
保存用HDD 3TB HDD
グラフィックス GeForce RTX™ 2080
映像編集ソフト Adobe
購入会社 Mouseコンピューター

上記は私が実際に動画編集に使用しているパソコンです。

今までMacbookproを使ってましたが、自宅で集中して動画編集もできる環境を作りました。

「Premiere Pro(プレミアプロ)」は動画編集ソフト自体が少し重いので、編集するパソコンのスペックも重要になります。

今使っているパソコンが数年前に10万円程度で購入したものであれば、Adobe製品を使いこなすことは厳しいと思います。

私は予算50万円でパソコンを選びましたが、購入に当たっていろいろ調べてみました。

これまでは、15万円で購入したMacbook proをメインに作業しておりましたが、少し厳しい感じです。

価格帯的には、最低でも20万円~30万円くらいの間の最新パソコンがコスパとして優秀だと思います。

「After Effects」でアニメーションなども作りたい人

「Premiere Pro(プレミアプロ)」を使う最大のメリットはその他Adobe製品との連携でできないことはなくなるということです。

特にアニメーション作成できる「After Effects」との組み合わせや、撮影した写真の加工、編集ができる『Photoshop』などとの連携はとても大切です。

Appleユーザーは専用の「FinalCutproX」などと迷うと思います。

私自身、両方使ってますが、

  • 初心者でも使いやすいのは「FinalCutproX」
  • できることが多いのは「Premiere Pro」

といった感じです。

はじめから動画編集を生業にしたいと考えるなら「Premiere Pro(プレミアプロ)」でもいいかと思います。

【まとめ】

【こんな人におすすめ!】Premiere Pro(プレミアプロ)でできることをまとめてみた
提供 Adobe
サービス名 Premiere Pro:プレミアプロ
価格① 単品:2,480円~
価格② 全Adobe製品:5,680円~
特徴 映画やTV、CMなど世界中のクリエイターが最も愛用する動画編集ソフト

というわけで、「Premiere Pro(プレミアプロ)」の紹介をさせていただきました。

このブログでも少しずつ使い方の紹介をしていきますので、よろしければその他の記事もチェックしてみてください。